• cape-covid19

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(2):政府が使用した場合の様々なリスク

最終更新: 4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。

本稿は、The Hastings Centerのウェブサイトに掲載された論評の紹介です。内容は、新型コロナウイルスのワクチン・パスポートについて、広範囲に適用されると様々な危害を引き起こすリスクがあり、政府による使用目的・範囲の限定が必要であるというものです。

なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。


ご関心のある方は下記のリンクよりご覧ください。


Covid-19ワクチンの接種証明書:展望と問題
.pdf
Download PDF • 939KB

また、要約の基となった論評はこちらからご覧いただけます。

0件のコメント

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

virus+globe.jpg

京都大学大学院文学研究科

応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)

〒606-8501

京都府京都市左京区吉田本町

京都大学大学院文学研究科

メール:CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

ツイッター:@CAPE_KyotoU

Center for Applied Philosophy and Ethics (CAPE)

Graduate School of Letters, University of Kyoto

 

Yoshida Honmachi, Sakyo-ku

Kyoto 606-8501

JAPAN

Email: CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

Twitter: @CAPE_KyotoU

Image: "Novel Coronavirus SARS-CoV-2" by NIAID [CC BY 2.0 (modified; left)] & "Globe - East Asia space view" by Przemek Pietrak [CC BY 3.0 (modified; right)].