• tkfmttb1104

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(2):政府が使用した場合の様々なリスク

更新日:4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。

本稿は、The Hastings Centerのウェブサイトに掲載された論評の紹介です。内容は、新型コロナウイルスのワクチン・パスポートについて、広範囲に適用されると様々な危害を引き起こすリスクがあり、政府による使用目的・範囲の限定が必要であるというものです。

なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。


ご関心のある方は下記のリンクよりご覧ください。


Covid-19ワクチンの接種証明書:展望と問題
.pdf
Download PDF • 939KB

また、要約の基となった論評はこちらからご覧いただけます。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts