• cape-covid19

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(4):民間利用の是非

最終更新: 4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。

本稿は、オックスフォード大学哲学科に所属する四つの研究所が運営するブログ Practical Ethicsに掲載された表題の記事の紹介です。内容は、「ワクチン・パスポート」と呼ばれる取り組みのうち、国家などの公的機関が課すものではなく、私企業や個人が別の個人に課すもの(具体的には、パブの主人が入店時にワクチン接種証明を求めるなど)を想定し、法的観点から考察を行うというものです。

なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の吉田隼大さんです。


ご関心のある方は下記のリンクよりご覧ください。


「飲みたいなら接種しろ」?パブの主人がCovidへのワクチン接種を要求する
.pd
PD • 911KB

また、要約の基となった記事はこちらからご覧いただけます。

0件のコメント
前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts