• tkfmttb1104

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(5):ジュリアン・サバレスキュの議論

更新日:4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。

本稿は、オックスフォード大学哲学科に所属する四つの研究所が運営するブログ Practical Ethicsに掲載された表題の記事の紹介です。著者はオックスフォード大学ウエヒロ応用倫理センター長で、応用倫理・生命倫理の専門家であるジュリアン・サバレスキュです。内容は、他者危害原則と移動の自由に基づいてワクチン・パスポートを支持するというものです。

なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。


免疫パスポートは人権の問題か
.pdf
Download PDF • 696KB

また、要約の基となった記事はこちらからご覧いただけます。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts