top of page
  • tkfmttb1104

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(5):ジュリアン・サバレスキュの議論

更新日:2021年4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。

本稿は、オックスフォード大学哲学科に所属する四つの研究所が運営するブログ Practical Ethicsに掲載された表題の記事の紹介です。著者はオックスフォード大学ウエヒロ応用倫理センター長で、応用倫理・生命倫理の専門家であるジュリアン・サバレスキュです。内容は、他者危害原則と移動の自由に基づいてワクチン・パスポートを支持するというものです。

なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。


免疫パスポートは人権の問題か
.pdf
ダウンロード:PDF • 696KB

また、要約の基となった記事はこちらからご覧いただけます。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

CAPEスタッフの児玉聡教授のインタビューが、朝日新聞・朝日新聞デジタルに掲載されました

CAPEスタッフの児玉聡教授のインタビューが、朝日新聞(3月21日朝刊)・朝日新聞デジタルに掲載されました。 下記に、電子版のリンクを掲載しております。ご関心のある方はご覧ください。 (耕論)マスク続ける?外す? 中谷内一也さん、山口有紗さん、児玉聡さん (朝日新聞デジタル 2023年3月22日)

Comments


前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

bottom of page