• cape-covid19

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(6):海外の新聞記事論説から

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討されており、イスラエルはすでに独自の「グリーン・パス」を用いて経済活動を再開しています。  本稿は、ワクチン・パスポートについて論じた英語圏の新聞記事4つを取りあげ、そこで挙げられている論点を簡単に紹介するものです。普通の日常を取り戻す手段として期待されているワクチン・パスポートですが、科学的・社会的・倫理的な懸念も提起されています。

なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。


ワクチンパスポート海外新聞記事紹介
.pdf
Download PDF • 308KB

0件のコメント

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

virus+globe.jpg

京都大学大学院文学研究科

応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)

〒606-8501

京都府京都市左京区吉田本町

京都大学大学院文学研究科

メール:CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

ツイッター:@CAPE_KyotoU

Center for Applied Philosophy and Ethics (CAPE)

Graduate School of Letters, University of Kyoto

 

Yoshida Honmachi, Sakyo-ku

Kyoto 606-8501

JAPAN

Email: CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

Twitter: @CAPE_KyotoU

Image: "Novel Coronavirus SARS-CoV-2" by NIAID [CC BY 2.0 (modified; left)] & "Globe - East Asia space view" by Przemek Pietrak [CC BY 3.0 (modified; right)].