• tkfmttb1104

人権の制約に関する国際基準である「シラクサ原則」を紹介する資料を公開します

松尾太陽さん(京都大学文学部)、大北全俊准教授(東北大学大学院医学系研究科)の両名が、COVID-19感染症の流行拡大の中で、人権の制約に関する国際的な基準として参照されることの多いシラクサ原則についてわかりやすく紹介する資料を作成しましたので、ここに公開いたします。


(以下、本文より抜粋)

 COVID-19をはじめとする新興感染症が社会にもたらした課題の一つに、感染症対策に伴う人権の制約をめぐる問題があります。すなわち、病気の蔓延を防ぐための公衆衛生対策として、感染者・濃厚接触者の隔離や自宅待機、多数の人々が利用する施設の使用制限といった措置が往々にして取られますが 、それらは移動の自由や集会の自由、自由な経済活動といった個人の自由の制限を伴うものです 。自由主義社会において刑事犯以外のものがこのような人権制限を受けるのはきわめて例外的な事態であり 、当然そういった措置の法的妥当性をどのようにして判断すればよいのか、という問題が生じてくるわけです。
 本記事では、このような問題について考える際の一つの手がかりとして、人権の制約に関する国際的な基準として参照されることの多いシラクサ原則 について紹介します。まずはじめにシラクサ原則とはどのような性質の文言であるのか、その沿革および内容について簡潔に整理し、つづいて特に重要だと思われるいくつかの点について取り上げていきます。

資料は以下よりご覧いただけます。


シラクサ原則紹介資料
.pdf
Download PDF • 390KB






0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts