• cape-covid19

児玉聡教授による『COVID-19の倫理学 パンデミック以後の公衆衛生』が出版されました。

本プロジェクトメンバーである児玉聡教授(京都大学大学院文学研究科)が執筆した『COVID-19の倫理学 パンデミック以後の公衆衛生』がナカニシヤ出版より出版されました。

同書は京都大学人社未来形発信ユニットによるオンライン講義シリーズ「立ち止まって、考える」の一つである「パンデミックの倫理学」をもとに執筆されたものです。


以下はナカニシヤ出版公式サイト内の『COVID-19の倫理学 パンデミック以後の公衆衛生』紹介ページになります。ご関心のある方はご参照ください。

『COVID-19の倫理学 パンデミック以後の公衆衛生』紹介ページ


また京都大学人社未来形発信ユニット「立ち止まって、考える」のサイトも是非ご覧下さい。

立ち止まって、考える

0件のコメント
前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts