• cape-covid19

地方自治体による「コロナ条例」制定の動き(1)

更新日:1月29日

大隈楽(京都大学文学部)、井上悠輔(東京大学医科学研究所)


「新型コロナウイルス感染症」(COVID-19)の流行が市民生活に多大な影響を及ぼす中、一部の地方自治体(都道府県、市町村)は当該感染症に関する条例を制定してきました。ここでは、大隈楽(京都大学文学部)、井上悠輔(東京大学医科学研究所)両氏が2020年12月末日までに特定した49件の条例の一覧を提供します。詳しくは、下記のPDFファイルよりご覧ください。



地方自治体による「コロナ条例」制定の動き(2020年12月時点)
.pdf
Download PDF • 971KB


0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts