top of page
  • 執筆者の写真cape-covid19

地方自治体による「コロナ条例」制定の動き(1)

更新日:2021年1月29日

大隈楽(京都大学文学部)、井上悠輔(東京大学医科学研究所)


「新型コロナウイルス感染症」(COVID-19)の流行が市民生活に多大な影響を及ぼす中、一部の地方自治体(都道府県、市町村)は当該感染症に関する条例を制定してきました。ここでは、大隈楽(京都大学文学部)、井上悠輔(東京大学医科学研究所)両氏が2020年12月末日までに特定した49件の条例の一覧を提供します。詳しくは、下記のPDFファイルよりご覧ください。



地方自治体による「コロナ条例」制定の動き(2020年12月時点)
.pdf
Download PDF • 971KB


0件のコメント

関連記事

すべて表示

CAPEスタッフの児玉聡教授のインタビューが、朝日新聞・朝日新聞デジタルに掲載されました

CAPEスタッフの児玉聡教授のインタビューが、朝日新聞(3月21日朝刊)・朝日新聞デジタルに掲載されました。 下記に、電子版のリンクを掲載しております。ご関心のある方はご覧ください。 (耕論)マスク続ける?外す? 中谷内一也さん、山口有紗さん、児玉聡さん (朝日新聞デジタル 2023年3月22日)

Comments


前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

bottom of page