• cape-covid19

本プロジェクトメンバーの井上悠輔准教授と大北全俊准教授の執筆した論文がJournal of Epidemiologyに掲載されました

本プロジェクトメンバーの井上悠輔准教授(東京大学医科学研究所)と大北全俊准教授(東北大学大学院医学系研究科)の執筆した論文"Coronavirus Disease and the Shared Emotion of Blaming Others: Reviewing Media Opinion Polls During the Pandemic"がJournal of Epidemiology (vol. 31, Issue 7, pp. 253-255)に掲載されました。


本論文は、新聞各社が行っていた各時点の世論調査を横断的に検討したものです。調査の結果、感染者数と処罰感情とは必ずしも比例しないこと、行動制限に協力しない市民や事業者への罰則の導入を支持する声が、特に第一波の時期には過半数を超えていたこと、冬以降は非協力的な感染者・疑い者への処罰感情が目立つようになったことが示唆されました。


論文は以下のリンクよりご覧いただけます。

"Coronavirus Disease and the Shared Emotion of Blaming Others: Reviewing Media Opinion Polls During the Pandemic"

Journal of Epidemiology (vol. 31, Issue 7, pp. 253-255)

0件のコメント

関連記事

すべて表示

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts