top of page
  • 執筆者の写真cape-covid19

[資料]ルクセンブルクのコロナ対策タイムライン

更新日:3月11日

京都大学文学部髙木裕貴さんがスイスの COVID-19 対策タイムラインについての記事を作成いたしましたので公開いたします。


ルクセンブルクはヨーロッパの中心に位置する、人口 60 万人強の裕福な小国である。ルクセンブルクは南はフランス、西と北はベルギー、東はドイツに隣接しており、毎日 20 万人の越境労働者を迎えていると言われている。これらの越境労働者は国内雇用の 46%を占める。したがって、コロナ・パンデミック下では、これらの国家との国境を閉鎖するか否かは重要な政治的問題であった。

また、小国であることが功を奏したのか、かなり早い段階から全国民へのマスク配布に加えて、全国民を対象とする感染検査を実現した。ちなみに、ルクセンブルク国立図書館はCOVID-19 に関するウェブ・アーカイブ(https://www.webarchive.lu/covid-19/)を作成しており、参考になる。


[資料]ルクセンブルクのコロナ対策
.pdf
ダウンロード:PDF • 233KB

2024年2月20日作成

0件のコメント

Комментарии


前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

bottom of page