• cape-covid19

韓国の感染症法の翻訳を公開します

賢秀さん(東京大学医科学研究所 特任研究員)が2020年3月に改正された韓国の感染症法( 感染症の予防及び管理に関する法律)の翻訳を作成しましたので、公開いたします。なお、本法律は、2020年8月と12月にも一部改正がありましたが、その部分については、現在、翻訳を進めていますので、できしだい公開いたします。


【改正理由】

最近、伝染力の強い新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡散しており、感染症の予防と管理のために国の積極的な対応が求められている。

そこで、国レベルでの感染症への対応能力を強化するために、感染症対策の医薬品・機器等の備蓄及び管理に関する事項を、感染症の予防及び管理に関する基本計画に含ませ、感染症の危機事態において、全国民の情報共有の重要性を踏まえ、感染症患者の移動経路などの情報公開範囲と手順を具体的に規定する。一方で、感染症に起因する国家危機状況に、より効率的に対処できるように感染症に関する強制処分の権限を強化し、疫学調査官の規模を拡大するなど、現行制度の運営上見られる一部の不備を改善及び補完するものである。


翻訳の全文は、以下から読むことができます。


韓国の感染症の予防及び管理に関する法律
.pdf
Download PDF • 619KB

また、韓国語の原文は、ここから読むことができます。


0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts