• cape-covid19

COVID-19のワクチン配分に関する米国科学アカデミーの報告書の概要を公開します

京都大学大学院文学研究科の石原諒太さんにより、COVID-19のワクチン配分に関する米国科学医学工学アカデミーの報告書について、概要が作成されましたのでここに公開いたします。


【本概要の要約】

本報告書では、最大限の利益や平等な配慮といった倫理原則と、公正性や透明性といった手続的正義に基づいて、COVID-19ワクチンの公平な配分についてのフレームワークが提示される。このフレームワークにおいては、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の感染に由来する重症患者・死者数および否定的な社会的影響を減らすという目標と、ワクチン配分の四つの基準が設定され、ワクチンの優先順位について四つのフェーズを分けるアプローチが提案される。また本報告書では、COVID-19ワクチンの公平な配分を達成するために7つの提言が行われる。


ご関心のある方は以下のリンクからご覧ください。

なお、今回は報告書の概要部分を紹介したものであり、報告書全体のより詳しい紹介は後日掲載します。

また、報告書の原文はこちらから入手することも可能です。



COVID-19ワクチン配分米国科学アカデミー報告書概要
.pdf
Download PDF • 236KB






〒606-8501京都府京都市左京区吉田本町 京都大学大学院文学研究科