• cape-covid19

CAPEセンター長の出口康夫教授が、対談インタビューシリーズを実施しました。

更新日:2020年7月8日

CAPEセンター長の出口康夫教授が、京都大学の人社未来形発信ユニットにて、「対談シリーズ「立ち止まって、考える―パンデミック状況下での人文社会科学からの発信」」を実施しています。 

詳しくはこちらをご覧ください。



(2020.04.30)

#京都大学 #パンデミック

0件のコメント

関連記事

すべて表示

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts