top of page
  • 執筆者の写真cape-covid19

WHO「WHOコンピテンシーフレームワーク:インフォデミックマネジメントに対応できる人材の育成」の全訳を公表します

更新日:2022年11月21日

伊沢亘洋さん(京都大学大学院文学研究科博士課程)、内藤淳之佑さん(同研究科修士課程)の両名が、WHOが作成した "WHO competency framework: Building a response workforce to manage infodemics"を全訳いたしましたので、ここに公開します。


ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。また14ページに掲載されている図に邦訳をほどこしたものも別途掲載いたしますので、適宜ご利用ください。

(邦訳)WHO competency framework
.pdf
Download PDF • 2.19MB

図2
.pdf
Download PDF • 55KB

また原文は以下のWHOのホームページから無料でダウンロードできますので、ご関心のある方は合わせてご覧ください。

関連記事

すべて表示

[解説記事]陰謀論の概念的分析と現状のまとめ

京都大学文学部中島丈さんが陰謀論についてまとめた記事を作成しました。 概要 近年、「陰謀論」という現象が社会問題として注目を集めている。これは、Qアノンとよばれる陰謀論集団が引き起こしたとされるアメリカ連邦議会議事堂襲撃事件が発生したことや、新型コロナウイルスに関連する陰謀論が公衆衛生上の脅威となったことなどが主な要因であると考えられる。また、このことは日本社会でも例外ではなく、Qアノンの影響を受

Comments


前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

bottom of page