• cape-covid19

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(1):四つの反対論と応答

更新日:4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。本稿は、オックスフォード大学哲学科に所属する4つの研究所が運営するブログPractical Ethicsに掲載された記事の紹介です。著者のトム・ダグラスは、ワクチン・パスポートに対する4つの倫理的な反対論拠(ワクチン接種の圧力、差別、不公平、社会的排除)を取り上げ、それぞれ批判することで、ワクチン・パスポート賛成の立場を擁護しています。なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。

ご関心のある方は下記のリンクよりご覧ください。



トムダグラスワクチンパスポート賛成論
.pdf
Download PDF • 750KB




0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts