top of page
  • 執筆者の写真cape-covid19

ワクチン・パスポートに関する倫理的議論の紹介(1):四つの反対論と応答

更新日:2021年4月4日

現在、新型コロナウイルスワクチンの接種を証明する「ワクチン・パスポート(ワクチン接種証明書)」制度の導入がヨーロッパをはじめ各国で検討の対象となっています。本稿は、オックスフォード大学哲学科に所属する4つの研究所が運営するブログPractical Ethicsに掲載された記事の紹介です。著者のトム・ダグラスは、ワクチン・パスポートに対する4つの倫理的な反対論拠(ワクチン接種の圧力、差別、不公平、社会的排除)を取り上げ、それぞれ批判することで、ワクチン・パスポート賛成の立場を擁護しています。なお、要約作成者は、京都大学大学院文学研究科修士課程の鈴木英仁さんです。

ご関心のある方は下記のリンクよりご覧ください。



トムダグラスワクチンパスポート賛成論
.pdf
ダウンロード:PDF • 750KB




0件のコメント

関連記事

すべて表示

CAPEスタッフの児玉聡教授のインタビューが、朝日新聞・朝日新聞デジタルに掲載されました

CAPEスタッフの児玉聡教授のインタビューが、朝日新聞(3月21日朝刊)・朝日新聞デジタルに掲載されました。 下記に、電子版のリンクを掲載しております。ご関心のある方はご覧ください。 (耕論)マスク続ける?外す? 中谷内一也さん、山口有紗さん、児玉聡さん (朝日新聞デジタル 2023年3月22日)

Comments


前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

bottom of page