• 井上

資料(COVID-19):生命倫理に関する海外の主な検討

更新日:2020年11月18日



A. 国際組織

B. 各国の検討

A. 国際組織


ユネスコ UNESCO

WHO World Health Organization

IASC(Inter Agency Standing Committee)

欧州評議会(Council of Europe)

EGE(European Group on Ethics in Science and New Technologies)


B. 各国の検討

オーストリア

フランス

フィンランド

ドイツ

イタリア

ニュージーランド

ノルウェー

スイス

スウェーデン

イギリス

アメリカ合衆国(米国)


※その他の国・組織については以下のサイトも参照されたい。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts