• 井上

資料(COVID-19):生命倫理に関する海外の主な検討

最終更新: 2020年11月18日



A. 国際組織

B. 各国の検討

A. 国際組織


ユネスコ UNESCO

WHO World Health Organization

IASC(Inter Agency Standing Committee)

欧州評議会(Council of Europe)

EGE(European Group on Ethics in Science and New Technologies)


B. 各国の検討

オーストリア

フランス

フィンランド

ドイツ

イタリア

ニュージーランド

ノルウェー

スイス

スウェーデン

イギリス

アメリカ合衆国(米国)


※その他の国・組織については以下のサイトも参照されたい。

0件のコメント

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

virus+globe.jpg

京都大学大学院文学研究科

応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)

〒606-8501

京都府京都市左京区吉田本町

京都大学大学院文学研究科

メール:CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

ツイッター:@CAPE_KyotoU

Center for Applied Philosophy and Ethics (CAPE)

Graduate School of Letters, University of Kyoto

 

Yoshida Honmachi, Sakyo-ku

Kyoto 606-8501

JAPAN

Email: CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

Twitter: @CAPE_KyotoU

Image: "Novel Coronavirus SARS-CoV-2" by NIAID [CC BY 2.0 (modified; left)] & "Globe - East Asia space view" by Przemek Pietrak [CC BY 3.0 (modified; right)].