• tkfmttb1104

COVID-19に関連したアドバンス・ケア・プランニング(ACP)プログラム・ガイダンスの概要を公開します

今回のCOVID-19パンデミックにおいては、急激に重症化しうるという疾患の特徴から、治療の希望について医療従事者と患者、家族が十分に話し合う時間や余裕がない状況において、終末期の医療や死について考え話し合う必要性が主に諸外国で指摘されました。

このような話し合いのプロセスである「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の取り組みが発展している英国、北米、豪州などでは、COVID-19パンデミックを考慮したACPプログラムやガイダンスの作成・修正が行われました。その概要を紹介します。

作成者:田中美穂さん(日本医師会総合政策研究機構 主任研究員)


ファイルは下記リンクからダウンロードできます。


欧米諸国のCOVID-19に関するACPプログラム・ガイダンスまとめ
.pdf
Download PDF • 356KB


0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts