• tkfmttb1104

日本・台湾・韓国の感染症関連法について比較・検討した資料を公開します

京都大学大学院文学研究科の伊沢亘洋さんと榮福真穂さんによって、日本・台湾・韓国の感染症関連法について比較・検討した資料が作成されましたので、ここに公開いたします。


本資料が作成された背景に関しては、以下の抜粋をご覧ください。

今年(2021年)2月に日本の感染症関連法はより強制力を持つように法改正された。その是非について様々な議論がなされていた。本稿では、議論の参考となるよう、日本・台湾・韓国の感染症関連法のうち、特に入院や、隔離、検査、自粛等における強制力、違反した場合の罰則を比較した。また、日本の2月3日の法改正についても記載した。

関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。


日本・台湾・韓国のコロナ法比較
.pdf
Download PDF • 5.38MB

0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts