• Miho TANAKA

諸外国のCOVID-19関連ACPの解説が読売新聞に掲載されました

最終更新: 2020年6月20日

読売新聞の連載「[安心の設計 医療の意思決定]ACP (人生会議) を考える」で、本プロジェクトのメンバーである田中美穂が取材を受けた内容が掲載されました。「第6回 新型コロナ 指針変更迫る」(2020年5月27日付朝刊)です。

英米豪のCOVID-19に関するACPのガイダンスやフォーマットについて、どのような点が重視・強調されているのかを解説しました。

https://www.yomiuri.co.jp/life/20200526-OYT8T50107/ (読者会員限定記事)



0件のコメント

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

virus+globe.jpg

京都大学大学院文学研究科

応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)

〒606-8501

京都府京都市左京区吉田本町

京都大学大学院文学研究科

メール:CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

ツイッター:@CAPE_KyotoU

Center for Applied Philosophy and Ethics (CAPE)

Graduate School of Letters, University of Kyoto

 

Yoshida Honmachi, Sakyo-ku

Kyoto 606-8501

JAPAN

Email: CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

Twitter: @CAPE_KyotoU

Image: "Novel Coronavirus SARS-CoV-2" by NIAID [CC BY 2.0 (modified; left)] & "Globe - East Asia space view" by Przemek Pietrak [CC BY 3.0 (modified; right)].