• Miho TANAKA

諸外国のCOVID-19関連ACPの解説が読売新聞に掲載されました

更新日:2020年6月20日

読売新聞の連載「[安心の設計 医療の意思決定]ACP (人生会議) を考える」で、本プロジェクトのメンバーである田中美穂が取材を受けた内容が掲載されました。「第6回 新型コロナ 指針変更迫る」(2020年5月27日付朝刊)です。

英米豪のCOVID-19に関するACPのガイダンスやフォーマットについて、どのような点が重視・強調されているのかを解説しました。

https://www.yomiuri.co.jp/life/20200526-OYT8T50107/ (読者会員限定記事)



0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts