• Miho TANAKA

BMAのCOVID-19倫理ガイダンスとその批判論文の概要をまとめました

最終更新: 2020年11月18日

先に本ウェブサイトで紹介したBMA(英国医師会)の「COVID-19の倫理的諸問題 BMAガイダンス文書」の翻訳版の概要を説明した上で、このガイダンスに対する批判論文2本の概要を紹介した資料を公表します。この資料は、 東アジアにおける終末期医療の倫理的・法的問題に関する国際共同研究(国際共同研究強化(B)科研(18KK0001), 研究代表者・児玉聡京都大学大学院准教授)のオンライン勉強会で使用したものです。BMAのCOVID-19倫理ガイダンスに対する議論が提示されていることや、感染症のパンデミック時において資源配分やトリアージの問題を広く議論する必要性を鑑みて公開いたします。

BMA COVID-19ガイダンス概要と批判論文の紹介 16JUNE2020
Download • 1.59MB



0件のコメント

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts 

virus+globe.jpg

京都大学大学院文学研究科

応用哲学・倫理学教育研究センター(CAPE)

〒606-8501

京都府京都市左京区吉田本町

京都大学大学院文学研究科

メール:CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

ツイッター:@CAPE_KyotoU

Center for Applied Philosophy and Ethics (CAPE)

Graduate School of Letters, University of Kyoto

 

Yoshida Honmachi, Sakyo-ku

Kyoto 606-8501

JAPAN

Email: CAPE@bun.kyoto-u.ac.jp

Twitter: @CAPE_KyotoU

Image: "Novel Coronavirus SARS-CoV-2" by NIAID [CC BY 2.0 (modified; left)] & "Globe - East Asia space view" by Przemek Pietrak [CC BY 3.0 (modified; right)].