• tkfmttb1104

COVID-19感染症に関する差別や人権侵害についての政府と地方自治体の対策の流れを概観する資料を公開します。

京都大学文学部の鳥居千朗さんによって、COVID-19感染症に関する差別や人権侵害についての政府や公共自治体の対策の流れを概観する資料が作成されましたので、ここに公開いたします。


以下は、本文からの抜粋です。

日本赤十字社は、新型コロナウイルス感染症に伴う「差別」や「恐怖」を、コロナウイルスの異なる「顔」として捉え、警鐘を鳴らしています。令和2年の1年間を通して、「コロナ差別」に対し政府や各地方自治体が行った対策の事例をまとめてみると、相談窓口やネット監視チームの設置など、具体的な策の実施は特に地方自治体単位で見られ、政府から各地方への働きかけは比較的少なく、また各地方の対策を追う形になっていた、という事情が見えてきました。先日(2021/02/13)施行された改正特措法もあわせて、今後の展開を注視する必要がありそうです。

ご関心のある方は以下のリンクからご覧いただけます。


COVID-19感染症に関する差別や人権侵害についての政府と地方自治体の対策の流
.
Download • 745KB

0件のコメント

関連記事

すべて表示

「新型コロナウイルス感染症の緊急事態時における法的免責措置」の抄訳を公開します

石原諒太さん(京都大学大学院文学研究科)、大隈楽さん(京都大学文学部)の両名が、Sou HeeYangさん(早稲田大学大学院社会科学研究科)が作成された、米国におけるCOVID-19による緊急事態下の医療機関・医療従事者の法的免責規定に関するレポート(英語)を抄訳しましたので、ここに公開いたします。 ご関心のある方は以下のリンクよりご覧ください。 またレポートの原文もすでに公開しておりますので、ご

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラムが「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました

CAPEスタッフの児玉聡准教授の研究開発プログラム「パンデミックのELSIアーカイブ化による感染症にレジリエントな社会構築」が、RISTEXの令和2年度の新規プログラム「科学技術の倫理的・法制度的・社会的課題(ELSI)への包括的実践研究開発プログラム」に採択されました。 詳しくは、下記リンク先にある「プレスリリース資料」をご覧ください。 https://www.jst.go.jp/pr/info

前に戻る Go back

カテゴリー

Categories

タグ

Tags

過去の記事
Past posts